ちびたと歩もう!

待望のちびたが誕生しました。 ようやく「ママになれました」これからは、ちびたと 旦那さんとともに、明るく元気に暮らしていきたいと思います。育児の相談みんなにしたいです。 どうかお友達になってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事では、子宮口が7.5cmで、結局まだ全開ではなくて、辛かったです。
陣痛は絶好調に痛かった。私はすでに酸素を鼻から吸入していて、もううなったり、叫びたくてしょうがなくなっていました。
「痛い~っ」っと叫ぶと看護士さんに叱られました。
「声を出しても、お産ははじまらないのよ。いきんじゃダメ」

両親は看護士さんから、「ごはんでも食べてきてください」と言われて、しぶしぶ出かけて
いったそうです。

んが?陣痛待機室に、院長まで着いてきました。
院長は分娩がはじまるまで、ふつうは現れないはず。
私は朦朧とする意識の中、?って思っていました。
まだまだのはず。子宮口はまだのはず。

しか~し、ここからが、早かったのです。
院長先生が
「もう一回内診するね、赤ちゃんの降り方がいいからね、出したいね。」
そっか・・・赤ちゃん降りてきてるんだよね。

内診の準備をしているうちに、最高潮の痛みがきた。私はそのとき我慢できずにいきんでしまいました。

「ん~、いた~い!もう産みたいです~」
その時、私はいきみと一緒にう○んまで出していました(汗)
旦那が目撃したみたいですが、まったくそんなのお構いなしです。

院長が
「よし、子宮口全開になったね、やっぱり早かったね。分娩室へ行こうね」
なんとなく、先生の声が優しくて、嬉しかったのを覚えています。

私は安堵とともに、また陣痛に襲われて、倒れそうになっていました。
結局2回いきんではいけない時にいきみました。

分娩室では、もうほとんど覚えていませんが、なぜか旦那はデジカメを抱えて
私や病室をバシバシ撮っていました。
余裕があるのかどうなのか?

分娩室では、院長と看護師さんの指示どおりに、いきみまくりました。
いきみたくってしょうがなかった私としては、痛みより、ちびたを出したい気持ちの方が
大きかったので、いきみまくりです。

いきみを我慢すること・・・これが私の最大の苦痛だったと今は振り返ります。
よくお股からすいかをだす、とか鼻から大根とか形容されるけど、そういう感じでは
なかったな~。
結局分娩室に入ってから14分で、ちびたを出産しました。

その時の気持ちは、なんとも表現できないですね。
ちびたの頭が出てきたとき、院長先生が
「頭でてきたよ、しっかり見て。もうすぐだからね。もういきんじゃダメだからね。
生まれるよ。」
と言いました。私と旦那は泣きながら、わが子の頭をみつめました。
あっという間に体までするっと出てきて、しっかり産声をあげました。

そして・・・わが子は生まれてすぐに、院長先生におしっこをかけるという荒業をしました。
先生も看護師さんも笑っていました。
いや~、しかし、私の羊水は汚れてしまっていて、これは院長に怒られました。

「あなた、いきんじゃいけない時にいきんでたから、赤ちゃん苦しくって
うんちしちゃってたんだよ。羊水は本当は、透明なんだからね。」

え~!そうなの。ちびた苦しかったんだ。そうか、だからいきんじゃいけないんだ。
うお~後悔・・・。
幸い、ちびたはすこぶる元気だったので、結果は良かったですが、やはり先生のいうとおり
いきんではいけない時はいきんじゃいけないのね。
ごめんね、ちびた。

出産後の私は、アドレナリンが出まくっていて、分娩室でもどこでもテンションがあがりまくりで、(異常なほどです)誰かと話がしたくてしょうがない状態でした。
出産後よくある、興奮状態だったみたいです。
お股が裂けまくっていたので、縫合するときも、私はべらべらおしゃべりしてました。
何を話していたか、今は覚えていません。

結局、食事にいっていた両親が、戻ってきてすぐに、生まれたみたいです。
二人に心配をかける時間が短縮できたみたいで、よかった。
厳しい看護師さんは、素敵な女性で、分娩後はすっごく優しかったです。
初乳をちびたに吸わせて、ちびたをこの胸に抱き、ちびたの頭にキスをしました。
ちびたの温かさは一生忘れることができません。
この世界にでてきたちびたは、しきりにまぶしそうな顔をしていて、目をつむっていました。
肺呼吸をはじめた、ちびた。

「ちびた、生まれてきてくれて、本当にありがとう」

旦那のことを述べていませんが、旦那は陣痛から分娩までず~っとそばについていました。
分娩室では私といっしょにいきんでいた様子です。
涙で目を真っ赤にして、デジカメでしきりに生まれてすぐのちびたを激写している様子をみて
また泣けてきました。

「おつかれさん、お前はすごいよ」
これが、彼が最初にかけた私への言葉。
すごい!の一言につきるみたいです、男性にとっては・・・笑

私の体験記はこのくらいで・・・・

また入院中の話とか、現在の育児とか綴っていきます。
スポンサーサイト

うぉ~・・・・出産の話って「痛い」以外の具体的なことってあんまり聞いたことがなかったから参考になります。
うううぅ・・・考えただけでコワイよぉ・・・v-404

そうなんだぁ・・・いきんじゃいけない時にいきむと赤ちゃん苦しいのね・・・しかし、いきむの我慢するってどんなのか想像つかないわぁ・・・。
2007/10/22(月) 09:45:08 | |ぶんぶん #-[ 編集]

なんかすごい!

よくみんないきみを我慢するのが
すごく大変だったって書いてあるよね
どんななんだろ・・・
本当に想像がつかない!!

陣痛も想像つかないし・・・
パニックでたらどうしようとか
今はそれが心配なんだけど
なんとかなるか!!っても思う。。。

みんなパニックになるしみんな過呼吸に
なるよって言うんだけど
私の場合というか意識が最後なくなって
行く感じになってしまうからそれが怖いな~

momoちゃんすごいよー
感動だー!

ぶんちゃんも書いてたけど
本当いきんだらダメな時にいきんだら
そういう事になってしまうのね・・・
私はてっきり普通に裂けてしまうとか
そういう理由だと思ってた
ちゃんとダメって言うには理由があるんだね~e-68

とにかくおつかれさまでした!
今はおしもの方とかずいぶん平気・・・?
おトイレの大きい方とか普通にいけるのかなぁ
(↑何気に疑問(笑
だって今切れ痔なだけでもう無理!!とか
思う・・・・・・うん●怖いよ。。。e-283
2007/10/23(火) 20:40:32 | |チェルシィ #-[ 編集]
お返事でっす。
ぶんぶんさんへ☆
まだ想像つかなくても、大丈夫だし、今は考えない方がいいかも!
でも、絶対終ってしまうものだから、大丈夫ですよ。
つわりよりはいいかも?とも思います。
赤ちゃんに会えるのですから、なんだって乗り越えられますよね。
応援してますよ~v-344

>チェルシィさんへ☆
分娩中は、どんなことが起こっても先生と看護師さんがついているから、安心して大丈夫だと思います。
私も精神的に弱いから、実は心配だったけれど、なんとかなんとかやれました。
うんちの時ですが、私も切れましたし、今でもすぐに切れますよv-406
母は大変です。
2007/10/24(水) 12:11:57 | |momo #YjTMmlic[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://sweetdelivery.blog55.fc2.com/tb.php/125-02ea850c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。