ちびたと歩もう!

待望のちびたが誕生しました。 ようやく「ママになれました」これからは、ちびたと 旦那さんとともに、明るく元気に暮らしていきたいと思います。育児の相談みんなにしたいです。 どうかお友達になってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は出産までの気持ちまで書いたのだっけ。
そう、おしるしが始まって、母に電話を促されれた。
病院に電話をするのもはばかれた私。あのときは、まだまだだろうって
勝手に判断していました。

それでもやや、仕方なく、5時30分病院へ℡。
看護師「あと一時間横になり、それでも流れるような出血があれば
また連絡してください。出血がなくてもどちらでも1時間後に℡くださいね」
とのこと。
言われるまま、軽い痛みとともに横になる。
しかし1時間もたたず、出血があるのを感じる。

また、恐怖。
6時30分もう一度病院へ℡。
看護師「では、入院の準備とともに誰かと一緒に来てください。」

私は旦那に℡。旦那はすぐに実家に飛んできた。
旦那と母親父親とともに7時、病院へ到着。

院長先生の内診

「う~ん、お腹押してもね、羊水が流れる感じはないね。
でも前期破水の疑いあるから、抗生物質飲もうね。
あと、子宮口は3センチね。お産のはじまりです。旦那さんはいるね?」

「あ・・そうですか。。。」

「では、浣腸と剃毛して、入院してね。あっ、朝ごはんでるからしっかり食べてね。あなたは初産だから、時間かかるね。
夜には会えるでしょう(笑)」

私は浣腸や剃毛の言葉に、反応してしまい、先生の「夜には会えるでしょう。」という言葉を「4時には会えるでしょう」と聞き間違ってしまい、結構早く会えるんだ。な~んて漠然と思っていました。

浣腸も剃毛も初体験でした。
浣腸は、我慢するのがつらくて、それでも、いやな感じじゃなかったです。どっちかといえばスッキリしたって感じです。といっても結果、う○ちおもらししちゃってました
旦那曰くですけどね・・・。

そうそう9月4日の時点で38週1日でした。正産期ですので、安心してください。と言われました。

入院服に着替えて、病室で待機。この時の陣痛なんて、屁みたいなものでした。いつもの生理痛の方が全然痛いし!って。
実際余裕な私だったんですね。

一定時間すぎると、NSTを行いました。
NSTでは婦長さんがきてくれて、
「いよいよ来たね。でも笑っているうちは、まだまだだね。」
って笑って言われました。

やっぱりね・・・そうなのね。

NSTでのちびたは、元気でした。結局陣痛の間も胎動は感じられました。私の場合ですけれど。
それに、私のお腹は臨月までそれほど大きくなりませんでした。
男の子でしたので、前に突き出た感じではあったけれど、実家の近所のおばさまには私の妊娠気付かれませんでしたし(笑)
お腹の大きさで悩んでいた時期が懐かしい。でもそれもいい経験。

あれよあれよという間に午後2時。
陣痛はそれほど・・・。もう2時間で先生が言っていた、4時になる。
もうすぐ会える?こんな痛みなら耐えられる!
変な自信が芽生えました。まぁ、すぐに打ち砕かれますけれど。

3時になり、ちょっとお腹の痛みに変化。感覚は5分をきりません。
でもちょっと痛いかも。あれれやっぱり痛いかも?

NSTでは旦那とおしゃべりの余裕あったけど、それがなくなった。
背中のどこをさすってもらっても全然効き目なし。
陣痛の間隔は5分だけれど、痛みはすごくなってきました。

痛みで右手が震える。痛すぎてイライラして、母や旦那に当たる。
こんなに痛いのに、看護師さんがまだまだって言う。

NSTの時間が苦痛で身をよじる。
震えが止まらない。

そして、5時婦長さんの内診。
内診ではなんとまだ子宮口3.5cm。どういうことよ?
婦長さんの触診により、4.5cmまで開いてもらう。これまた痛かった。
ちびたの頭の降り方は、ばっちり。これはヨガのおかげだと思う。
骨盤にぴったりのちびたの頭。ちびたありがとうね。

それにしても痛い、痛い痛い

痛くてたまらない。
誰の声も聞こえない。早くいきみたくてしょうがない!もう歩けない。
どうして歩けっていうの?
どうしてまだ始らないの?もう耐えられない。
6時になり、看護師さんはご飯を食べろなんていうの。
無理無理無理。

ご飯を食べないと生まれないよ。と言われる。泣きながら一口食べて
陣痛で身をよじる。

午後7時になり、院長先生の内診。1階の診察室まで歩けと言われる。

震える私を旦那と母が支えると、看護師さんが、
「あなたは一人であるけるはず。まだ痛くない。歩く歩く!」
と厳しく言われる。

(このやろ~、覚えておけ)
私は真剣に腹が立っていた。

でも?この看護士さんすっごくよい人でね、その後仲良くなって
感謝感謝の恩人なんです。
でもその時は恨んでましたね。厳しい人でした。そして美人でした。

院長先生の内診で子宮口7.5cm。もう少しだといわれる。
もう少しが耐えられなく、がっくりしてしまう。

看護師さんが言っているのが聞こえる。
「○○さんは、旦那さんとお母さんの顔をみると甘えがでちゃうから
お母さんとお父さんには夜ごはんを食べに外にいってもらいましょう。
付き添いは旦那さんだけね」

このやろ~

また恨み倍増(笑)これも愛のむちだったみたいです。

さてさて、今回はここまでです。

子宮口7.5cmからが・・・さてさてちびたにはいつ会えるのでしょう?
スポンサーサイト
テーマ:育児日記 - ジャンル:育児
初めまして!
履歴から遊びに来ました~(^-^)
ご出産おめでとうございます!!私も出産のときの強烈な腰の痛みに震えてたことを思い返しました(^-^;)
この世の痛みではなかったけれど、娘が誕生した瞬間吹き飛んじゃいますよね!!

今は育児に奮闘してることでしょうね!お互い大変ですけど頑張りましょうね!!
また遊びに来ますね♪
2007/10/18(木) 13:45:29 | |トモチャコ #-[ 編集]

うほー
怖い(笑
どんな痛さなんだろう
全然想像できないからねーi-179i-201

生理痛のすっごい痛いののもっと痛い感じかな~なんて
思ってるけど
もっとすごそう・・・

●んちおもらしって出産の時??
やっぱりあるんだ
そらそうだよね
頑張って力入れるんだもんね
浣腸してたって一緒にこんにちわしそう・・・e-284

そうそう
それからよく出産レポート読んでたら
痛さで震えが・・・ってのも書いてある
それくらい痛いんだよね
あー
すごそうe-282

でもそれを乗り越えなければ
赤ちゃんには会えないんだよねe-420
momoちゃんよく頑張ったよ

そう!
おしゃぶりだけど歯がはえてくるまでは
全然気にしなくていいんじゃないのかな?
詳しくはわからないけどそうやって書いてあったよ?
歯が生えてきたらやっぱり歯並びとかに
影響あるみたいだから
気をつけないとダメみたいだよねe-458
2007/10/19(金) 11:11:24 | |チェルシィ #-[ 編集]
お返事でっす。
>トモチャコさま★
初めまして、コメントありがとうございます。
そうです、痛みなんて、生んだ瞬間にはどっかに飛んでいってしまいますよね。
今記録として残していくと、自分の大切な思い出になりそうで・・・
また遊びにきてください。あとブログのアドレスまた教えてくださいね。

>チェルシィさんへ☆
ふふ、う〇ちのおもらし(笑)は産む前の段階でしたv-406またレポートに書きますね。
でもはずかしいとか・・
「そんなの関係ねぇ!」ですよ。
出産はもちろん痛いですけれど、それ以上の感動があるので、耐えられますよ。
チェルシィさんなら絶対大丈夫。というか女性はみな大丈夫だと思います。
チェルシィさんも、調子のいい時に、やりたいことをやって、マタニティライフエンジョイしてくださいね。
おしゃぶりは・・・歯のはえる時まで、ということに夫婦で決めました。ちびたもおしゃぶりがないとどうにもならないってほどでもないんです。いやな時は「ぷっ」って吐き出しますし。
私たちのスタイルで頑張ってみます!
2007/10/19(金) 22:41:16 | |momo #YjTMmlic[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://sweetdelivery.blog55.fc2.com/tb.php/124-224cf9ca
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。