ちびたと歩もう!

待望のちびたが誕生しました。 ようやく「ママになれました」これからは、ちびたと 旦那さんとともに、明るく元気に暮らしていきたいと思います。育児の相談みんなにしたいです。 どうかお友達になってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のちびたは・・・・
昼も夜もねやしね~ΣΣ(゚Д゚lll)

朝から実家のじじばばの家へ向かう。ばばが一日お世話してくれる。
もちろん、興奮してちびたは寝ません。おっぱいミルクたらふく飲んでも寝ませんでした。
まぁ。。夜ねてくれればいいや。
いつもの感じで私も若干余裕。
夜になり、旦那さんがお迎えにきてくれて、車で帰宅。
お風呂に入れる、おっぱいミルク飲む・・・
旦那さんがあやしてくれている間に、ママはお風呂に入る。
ママお風呂からでる・・・

ねてね~じゃん?┗(*・∀・)┛

なんで?なんで?あんなにあくびしてるのに?
パパに抱っこされてるときは、すやすやなのに?
ベッドに置かれるとどうしてあんなに目が覚めちゃうの?

わかんね~。゚(゚´Д`゚)゜。

こういうとき、どうしていいかわからなくなる。
一緒に泣きたいよ~。
夜中何度も大きな声で泣き、真っ赤な顔で目はうるうる。
おっぱい吸わしたり、ミルクあげたり、歩きまわったり。。。

ちびたご機嫌斜めみたいでした。

実家では・・・じじにいっぱい遊んでもらってちびたはご機嫌だったんです。
あ~、だの、だふ~だの、声にならない声をあげて、手足をばたばたしていました。
いたって元気。

たまに咳やくしゃみをしちゃうけど、ちびたは元気に大きくなっているんだろうな~。

ママも成長しなくちゃね。
さてさて今日はどんな様子でしょうか?
スポンサーサイト
ちびたは、最近ぐずる・・ということを覚えてしまったようだ
眠たいけれど、熟睡できない、熟睡しているのに、両手をガバッと上にあげて
モロー反射のような格好になってしまうと、目が覚めてしまうらしい。
私たち夫婦は、交替であやすようにしている。旦那には悪いと思いつつ、ひとりで
やっていると、私が参ってしまいそう・・

最近の悩みといえば、私の体調のこと。不安神経症の症状がたまにでてきて
しまうようになった。きっと育児のストレスからだと、理由はわかっているのだけれど。
妊娠発覚前、高温期中に着床出血が認められてから、服用をやめていたもの。
ワイパックスとメイラックス各1錠を朝に飲んでいた。
薬の量としては、少ないらしい。しかし妊娠中はがんばって飲まずに過ごせた。
ゆったりと過ごしていたせいか、あまり症状はでてこないで、頑張れたというのも
ある。しかし育児となるとそうはいかないのだろうな。しかももうすぐちびたが2か月。
疲れとかも出てくる時期だし・・・

薬どうしようかな。

手元には漢方と錠剤の二種類がある。漢方は飲んでも全然かまわない薬だが、効き目が
現れるのに時間がかかる。薬剤は母乳への移行が認められているらしい。普通の医師は
授乳の中止を言うはずだ。たしかにそう。。。
わかっているけれど、ちびたの大好きな乳首を取り上げてしまうのが、はたして育児に
いいのかどうなのか?
授乳直後に飲んで、その後の直母まで少し時間をおいてみてはどうか?
私の場合、ミルクの割合が多いわけだから、それほど母乳への移行も少ないのではないだろうか?

頭でいろいろ考えてみる。
体調が悪ければ薬に頼ってみるのは仕方がないし、私が寝込むわけにはいかないし、
断乳するのも相当抵抗がある。。。

悩むな~。

今のところ、漢方を飲み始めた。
あとQ&Pコーワゴールドαとクロレラを毎朝飲むようにしている。
メイラックスとパキシル服用するのは、もう少し頑張ってみてから。

アメリカ小児科学会などは、薬のために断乳するのは、どちらかというと
反対な意見で、よほどの薬以外は、そのまま授乳してもいいのでは?という
意見らしい。
日本はきびしく、マウス実験で母乳への移行が認められた薬剤に関しては
「授乳を中断することが基本」としているらしい。
危険性も証明されてないし、安全性も確立されていないから・・・というのが
理由。
1年以上授乳していくのに、薬を飲むのをためらうのって大変。
頭痛薬や胃腸薬などは、問題ないらしく、私の兄も「全然構わない。」と即答する。
しかし説明書には授乳を止めたほうがよいとしてあるものも少なくない。

難しいな~。
ちびたの為と、自分の体のため・・・

どうすればいちばんよいのか考えなくては・・・

昨日のちびたはお風呂でおお泣き。もうそれはすごかった。
一階の義両親がかけつけるくらいだった。
あまり大きな声で泣かないちびただから、私もお風呂係の旦那もびっくりしてしまった
理由は不明。泣きわめいていたけれど、きれいになって、肌着を着せている最中は足を
バタバタさせて、ご機嫌な様子だった。
ひと安心。お風呂好きだと思っていたので、明日からびくびくだわキャーーーーー ヽ(;´Д`)ノ。
明日はいつもみたいに、ご機嫌で旦那さんと入ってほしいものだわ~

最近の私はちびたの冬用の洋服の購入にいそしんでいる
しかし、試着ができないちびたの洋服のサイズは本当に困る。
最近体重も計ってないから、たぶん5kgくらいだろうから、とか
そんなアバウトな感じで選んでる。
迷うのが足つきロンパースか、なしか。冬は寒いので、足つきロンパースでお出かけ、部屋着に
したいと思っているけど、靴とか履かせたりするときはないほうがいいし。でも靴はいてでかける
ときなんてまだ当分ないような気もするし。そうなると靴下いらね~じゃん?とか。
はいはいするようになるころには春夏になってるだろうしな~。

いろいろ迷ったり失敗したりするけれど、ちびたのことを考えているときが一番楽しい。
しかもちびたがベッドですやすや眠っているときに自分の時間を使っている感じで、気分がいい。
こうやってブログ書いてる時間も幸せ。
出産祝いにノートパソコンを新しく買った。今までのデスクトップVAIOはリビング。
新しいNECLavieは寝室で使っている。
自分の大切な時間も徐々に増やしていけるといいな。
でも育児は自分の期待通りにはいきません。なんだってそうそう。

最近ちびたをお風呂の前に運動と称して、うつぶせにして頭を持ち上げる練習をしている。
胸にバスタオルをまるめたやつを入れてあげると、楽らしく、よだれを垂らしながら頭を持ち上げる
ちびたがいとおしくて泣けてくる。
ゆっくり成長しておくれ。急がなくていいんだよ。ちびた。

出産後の私は精神的に不安定になるときが確かにあった。
あと、ものすご~く涙もろくなった。すぐに目頭が熱くなってしまう
もともと泣くことは多くない。
でも妊娠出産してからの私は泣き上戸になってしまった。
悲しくても嬉しくても・・・

少々寝不足でも、ちびたが横にいる幸せを日々かみしめよう
妊娠中から、それなりにちびたの準備していたけれど、結局生まれてから急いで買ったものの方が多かったかも汗;

一番必要なのはやっぱり
①オムツ
②哺乳瓶
オムツはやっぱりそれなりのものを使わないと、かぶれやすくなるみたいです。
ちびたの従姉妹が一週間早く生まれたのですが、早速かぶれていてかわいそうです。
一度かぶれるとうんちは毎日大量にするので、治りにくくなりますもんね。
それに伴って
③おしりふき
も、よいものを使うといいと思います。
おすすめは○○パースだと思うけれど・・・
なにせめっちゃんこ使うので、高いおむつだと大変だけど、こればっかりはね

哺乳瓶はいろんなところから沢山の種類が出ているので、赤ちゃんに合うものを
飲ませながら選んであげるといいと思います。
④哺乳瓶を洗う専用のブラシ
これもとっても便利。普通のスポンジじゃ届かないから。
⑤哺乳瓶を消毒するパック
⑥調乳ポット
⑥はあると便利です
ミルク作るのがとても早くすみます。
3000円くらいで売ってるし、私はかったのともらったのと二つあって1階と2階で
ふたつで使っています。
あと哺乳瓶を入れておく、箱というか入れ物も抗菌のものがいいです。
結局うちは○ルトンは使っていません。
あれ、結構めんどくさいみたいです。。。

あとは、
ちびたに着せるものでは
①短肌着
②長肌着
③コンビ肌着ですね。
新生児はほとんど寝てばっかりいるので、肌着で生活します。
これからの季節は肌着の上にロンパースも必要だけれど、小さいサイズが
ないので、大きめ60cm~70cmのロンパースを着せるつもりです。
肌着はいくつあっても足りなくなります。
うんちを飛ばしたり、おしっこを飛ばします。特に男の子はものすごく飛ばします。
家族全員被害にあいましたよ
おまけにミルクやおっぱいの吐き戻しもしますので、肌着は着替えさせることが
多くなります。
かといって沢山買いすぎると、あっという間にきつくなり、股のところが赤くなったりするので
注意!
洗濯を毎日こまめにやらないといけないです!
短肌着よりもコンビ肌着を多めに買うといいかと思います。
よく10枚セットとかで売ってますが、あれよりも2枚セットのものをいくつか買った方が
いいと思いました。
ちびたも新生児サイズは全くきれなくなり今は60cm~70cmの肌着で生活しています。
お出かけのときはロンパースを着せています。

いらないものは、おむつカバーですね。布おむつの方は必要だけれど、紙おむつなら
全く必要なしです。私も一つ買ってしまって、意外に高いのに~
損しました。

いろいろ悩むチャイルドシートやベビーカー、ハイアンドローチェア、抱っこひも、などは
生まれてからでも間に合います。チャイルドシートは義務ですが、新生児を乗せるのは
無理があると思いました。
うちはcombiのゼウスターンを買いましたが、まだデビューしてません。もちろん
新生児から乗せても大丈夫なはずですが、くびがふにゃふにゃなので、無理。
あっ、チャイルドシートは360度回転するのがおすすめだと思いました。

ハイアンドローチェアは、少々高くてもいいものを買ってあげると、意外にすやすやと
昼間、上で寝てくれます。オルゴールが鳴ったり、電動でふりふり動いてくれるので
寝かしつけるのが楽だし、ちびたをみながらアイロンかけしたり洗濯物をたたんだり
できます。おむつやおしりふきを入れるものがついていると、より便利。
なくても一つかごに用意しておくと便利だと思います。どこの部屋でもおむつが替えられるようにしています。

あと、沐浴用のベビーバスですが、あるとまぁ便利ですが、大きい洗面所のあるおうちは
そこでできるかな?って感じました。私は実家で生活していたので、ベビーバスで沐浴でした
。まぁどんなものを買っても腰が痛くなるのは避けられません。
本当に痛いです。腰・・・しかも猫背になるし・・・
母は大変

あと肌に優しいガーゼとか沢山用意するとめいっぱい使います。
タオルよりもガーゼのほうが、ちびたには優しく使いやすいです。お風呂のときも
お腹にガーゼをかけてあげると、安心します。
赤ちゃんは裸にされるのが怖いそうです。ちびたもしっかりと手を握りしめていますもの。

う~むむ今浮かぶのはこのくらいかな。
失敗した買い物といえば、おっぱい搾乳機だっちゅうの!
あれはいらないでしょうね・・・
あとベビーオイルやローションもそんなにいらないと思います。
新生児はものすごくにきびができたりして、それがかさぶたになってかわいそうだから
と思い、オイルでふきふきしていたら、とんでもないことになって、ちびたに悪いことして
しまいましたもの。。。

とりあえず、赤ちゃんが眠れるスペースとおむつ、ミルク、肌着があれば大丈夫です。
あっ、これからの季節寒いから靴下も必要ですね。足や手がすぐに冷たくなります。
おくるみもいくつああるといいと思います。
私は妊娠中作ろうと張り切って毛糸を買いました(実に高い
しかし、途中で断念してしまいました。
アフガンやおくるみは買った方がかわいいし、安いと思いました。
ジンボリーのおくるみやアフガンを購入しました。
超かわいいです。

また気が付いたら書いていきます。
ちびた、生後50日になりました。まだまだ50日です。
寝起きの機嫌がすっごい悪いちびた。顔を真っ赤にしてうなるちびた。
心配で先生に聞いても
「赤い顔でうなる?普通のことだよ。がんばって強くなってるのね」
という簡単な返答。
確かに?日々強くなっているような気もするけど・・・?

育児は初めてのことばっかりでっす

ちびたがデビューしたといえば、
ベビーカーデビューです。
ちびたのベビーカーはcombiのリッコwEXです。
とっても使いやすそう!という理由で購入。

んが?
かぁちゃん、使いこなせてね~
ひとりでちびたを乗せるなんて無理無理無理。
旦那さんと二人でちびたを乗せて、買い物に出かけました。
ちびたの靴下を購入しにでかけました。
ちびた、ご機嫌ですやすやです。

ご機嫌すぎて、うんちしちゃいました。でも最近のお店にはちゃんと
おむつ替えたりできるお部屋もあるんですね
そこで無事にお取り換え。ちびたはすぐにすやすやおねむ

ベビーカーでのお出かけもこれから増えていくのでしょうか?
とりあえずは、旦那さんと一緒のときにしよう。。。

あっ、ちびたが、今ぶりぶりとうんちをして泣き出しました。
次回はちびたのために用意したもので、役立つもの、いまいちだったもの、
記録していきたいと思います。
意外にあるんですよね~。あんまり必要じゃなかったじゃん?みたいなもの。

何事も勉強勉強。
チェルシーさん、ぶんぶんさん、参考までにどうぞ

ちびたを出産後は、先ほどまでの痛みが嘘のようで、文字通り「すっきり」
しました。頭もすっきりしてまして、雄弁にいろいろ語っていたようです

切れてしまったお股を、先生は麻酔をしながら、縫いました。麻酔のおかげで
その時は全然痛くなくて、平気でした。奥の方まで縫われている感覚はあったけれど・・・。
あと子宮の戻りがちょっと悪くて、先生のたまった血液の掻きだしをしてもらったのだけれど、
これがまた、ものすごく痛くて、、、それでも出産よりはましなので、耐えられましたが、今では無理な痛みだったです。490ccの出血だったのが、690ccまで増えてしまいましたが、
輸血の必要はなかったみたいで良かったです。そのかわり、子宮収縮剤と抗生物質の点滴での投与がされました。

出産当日はおむつをはかされ、いたれりつくせりで、看護師さんがすべてのことをやってくれました。
お姫様生活かしら?なんて思いましたが甘かった・・・

翌日というか朝から、お股がひりひりちくちく痛い・・・

超痛~い

分娩とは全然違う痛みだけど、私にはけっこう辛かったです。
同じ日の分娩が4人あったのですが、初産の私ともう一人の方の痛みがひどいようで
経産婦の方はそれほどでも・・というか慣れているようでした。実際あまり切れていないようでした。
歩くのも座るのも立つのも何するのも痛い。というか裂けてしまいそうで、痛い。
ちびたのいる新生児室へいくのもひょこひょこ。ままならない。
母親いわく、誰もが通る道らしいけど・・・・・。勘弁してほしいわ~(笑)

この痛みは抜糸をする日まで続きましたが、それ以降はどんどん痛くなくなりました。
というかちびたにお乳をあげたり、おむつを替えたりと、それどころではなくなるからかな?

あと体重ですが、結局58.2kgまで増えたものがほぼ戻り49.6kgです。
妊娠前の洋服は入りますが・・・
お腹のお肉はぷよぷよだし、毛がすごいことになっています
これは戻りそうもありません。

妊娠10か月のころから突然たんぱく尿とむくみがひどくなり、ちょいとやばかったのですが
これらの症状は出産後はすっかりなくなります。
でも中毒症になるとお産が大変になるのは間違いないようなので、気をつけた方がいいと
思います

出産後は好きなものを好きなだけ食べても太りません。母乳の量が多くなくても頑張って吸ってもらってるのがいいのかな?
完全母乳じゃなくても、落ち込むことはないって今は思います。
何せ、両家の両親に預けるのが楽です。ミルクを抵抗なく飲んでくれるので。。。
赤ちゃんによっては、哺乳瓶がまるでダメな子がいるようです。そういう場合は授乳が大変。
ちびたはなんでも今は吸いつきます。(今限定かもしれないけれど。。。

あと、産後のセックスなんですが、妊娠発覚からず~っとご無沙汰だったのですが、
先日無事解禁しました・・・
お恥ずかしい話しながら、ちょいと痛かったです。
優しくやってもらわないと、無理っぽいかな?
みんなはどうなんだろう?って聞いてみたいです。なかなか聞けないし。
しかも、ちびたがすやすや眠る横でってのは・・・なんともはや。

約11か月ぶりの仲良しひとまず成功ですが、不安は残ります。

みなさんはどうだったのかな?

とりあえず、このくらいで。
また気づいたっことがあれば書きます★


ちびたは生後48日目となりました。
先日無事お宮参りも済んで、記念に写真館で写真もとりました。
さすがプロ、寝ているちびたをうまいこと起こして、きちんと写真がとれました。

ここまでの育児は・・・
いや~、授乳の悩みに始り、お乳を吸うときにむせたりして、大慌てしたり、
顔をまっかにしてうなることに、びびりまくったり・・・
おむつを換える時におしっこをかけられることが、多々あり・・・・

育児は・・・大変だけど、楽しいってことかな?

ちびたは、お昼は起きていて、夜は寝ます。7時間寝続けた時は、脱水にならないか
心配になったもんですが、そういうペースみたいです。
その変わり、夕方からものすご~く泣きわめきます。
泣きすぎて、ミルクが口から垂れてきたり、泣きしゃっくりがすごかったり・・・
そういう時は何してもだめなんですが、砂糖湯を飲ませると、落ち着くことに気がつきました。
ミルクをあげるよりも、肥満にはいいかな?

お風呂は旦那さんと一緒に湯船に入ります。
ぽっこりお腹のおかげさまで、ぷか~っと浮きます。
頭を洗われるのが好きなようで、あくびをしています。
旦那の乳首を吸ったりして、出ないので、怒って泣きます。ビオレの宣伝みたいです。
夜は3人でベッドで寝てみました。まだ怖いけれど、ベビーベッドでは寝ない時があるのです。
しかも夜限定。そういう時は川の字で寝てみます。
不思議とうまくいっています。




前回の記事では、子宮口が7.5cmで、結局まだ全開ではなくて、辛かったです。
陣痛は絶好調に痛かった。私はすでに酸素を鼻から吸入していて、もううなったり、叫びたくてしょうがなくなっていました。
「痛い~っ」っと叫ぶと看護士さんに叱られました。
「声を出しても、お産ははじまらないのよ。いきんじゃダメ」

両親は看護士さんから、「ごはんでも食べてきてください」と言われて、しぶしぶ出かけて
いったそうです。

んが?陣痛待機室に、院長まで着いてきました。
院長は分娩がはじまるまで、ふつうは現れないはず。
私は朦朧とする意識の中、?って思っていました。
まだまだのはず。子宮口はまだのはず。

しか~し、ここからが、早かったのです。
院長先生が
「もう一回内診するね、赤ちゃんの降り方がいいからね、出したいね。」
そっか・・・赤ちゃん降りてきてるんだよね。

内診の準備をしているうちに、最高潮の痛みがきた。私はそのとき我慢できずにいきんでしまいました。

「ん~、いた~い!もう産みたいです~」
その時、私はいきみと一緒にう○んまで出していました(汗)
旦那が目撃したみたいですが、まったくそんなのお構いなしです。

院長が
「よし、子宮口全開になったね、やっぱり早かったね。分娩室へ行こうね」
なんとなく、先生の声が優しくて、嬉しかったのを覚えています。

私は安堵とともに、また陣痛に襲われて、倒れそうになっていました。
結局2回いきんではいけない時にいきみました。

分娩室では、もうほとんど覚えていませんが、なぜか旦那はデジカメを抱えて
私や病室をバシバシ撮っていました。
余裕があるのかどうなのか?

分娩室では、院長と看護師さんの指示どおりに、いきみまくりました。
いきみたくってしょうがなかった私としては、痛みより、ちびたを出したい気持ちの方が
大きかったので、いきみまくりです。

いきみを我慢すること・・・これが私の最大の苦痛だったと今は振り返ります。
よくお股からすいかをだす、とか鼻から大根とか形容されるけど、そういう感じでは
なかったな~。
結局分娩室に入ってから14分で、ちびたを出産しました。

その時の気持ちは、なんとも表現できないですね。
ちびたの頭が出てきたとき、院長先生が
「頭でてきたよ、しっかり見て。もうすぐだからね。もういきんじゃダメだからね。
生まれるよ。」
と言いました。私と旦那は泣きながら、わが子の頭をみつめました。
あっという間に体までするっと出てきて、しっかり産声をあげました。

そして・・・わが子は生まれてすぐに、院長先生におしっこをかけるという荒業をしました。
先生も看護師さんも笑っていました。
いや~、しかし、私の羊水は汚れてしまっていて、これは院長に怒られました。

「あなた、いきんじゃいけない時にいきんでたから、赤ちゃん苦しくって
うんちしちゃってたんだよ。羊水は本当は、透明なんだからね。」

え~!そうなの。ちびた苦しかったんだ。そうか、だからいきんじゃいけないんだ。
うお~後悔・・・。
幸い、ちびたはすこぶる元気だったので、結果は良かったですが、やはり先生のいうとおり
いきんではいけない時はいきんじゃいけないのね。
ごめんね、ちびた。

出産後の私は、アドレナリンが出まくっていて、分娩室でもどこでもテンションがあがりまくりで、(異常なほどです)誰かと話がしたくてしょうがない状態でした。
出産後よくある、興奮状態だったみたいです。
お股が裂けまくっていたので、縫合するときも、私はべらべらおしゃべりしてました。
何を話していたか、今は覚えていません。

結局、食事にいっていた両親が、戻ってきてすぐに、生まれたみたいです。
二人に心配をかける時間が短縮できたみたいで、よかった。
厳しい看護師さんは、素敵な女性で、分娩後はすっごく優しかったです。
初乳をちびたに吸わせて、ちびたをこの胸に抱き、ちびたの頭にキスをしました。
ちびたの温かさは一生忘れることができません。
この世界にでてきたちびたは、しきりにまぶしそうな顔をしていて、目をつむっていました。
肺呼吸をはじめた、ちびた。

「ちびた、生まれてきてくれて、本当にありがとう」

旦那のことを述べていませんが、旦那は陣痛から分娩までず~っとそばについていました。
分娩室では私といっしょにいきんでいた様子です。
涙で目を真っ赤にして、デジカメでしきりに生まれてすぐのちびたを激写している様子をみて
また泣けてきました。

「おつかれさん、お前はすごいよ」
これが、彼が最初にかけた私への言葉。
すごい!の一言につきるみたいです、男性にとっては・・・笑

私の体験記はこのくらいで・・・・

また入院中の話とか、現在の育児とか綴っていきます。
前回は出産までの気持ちまで書いたのだっけ。
そう、おしるしが始まって、母に電話を促されれた。
病院に電話をするのもはばかれた私。あのときは、まだまだだろうって
勝手に判断していました。

それでもやや、仕方なく、5時30分病院へ℡。
看護師「あと一時間横になり、それでも流れるような出血があれば
また連絡してください。出血がなくてもどちらでも1時間後に℡くださいね」
とのこと。
言われるまま、軽い痛みとともに横になる。
しかし1時間もたたず、出血があるのを感じる。

また、恐怖。
6時30分もう一度病院へ℡。
看護師「では、入院の準備とともに誰かと一緒に来てください。」

私は旦那に℡。旦那はすぐに実家に飛んできた。
旦那と母親父親とともに7時、病院へ到着。

院長先生の内診

「う~ん、お腹押してもね、羊水が流れる感じはないね。
でも前期破水の疑いあるから、抗生物質飲もうね。
あと、子宮口は3センチね。お産のはじまりです。旦那さんはいるね?」

「あ・・そうですか。。。」

「では、浣腸と剃毛して、入院してね。あっ、朝ごはんでるからしっかり食べてね。あなたは初産だから、時間かかるね。
夜には会えるでしょう(笑)」

私は浣腸や剃毛の言葉に、反応してしまい、先生の「夜には会えるでしょう。」という言葉を「4時には会えるでしょう」と聞き間違ってしまい、結構早く会えるんだ。な~んて漠然と思っていました。

浣腸も剃毛も初体験でした。
浣腸は、我慢するのがつらくて、それでも、いやな感じじゃなかったです。どっちかといえばスッキリしたって感じです。といっても結果、う○ちおもらししちゃってました
旦那曰くですけどね・・・。

そうそう9月4日の時点で38週1日でした。正産期ですので、安心してください。と言われました。

入院服に着替えて、病室で待機。この時の陣痛なんて、屁みたいなものでした。いつもの生理痛の方が全然痛いし!って。
実際余裕な私だったんですね。

一定時間すぎると、NSTを行いました。
NSTでは婦長さんがきてくれて、
「いよいよ来たね。でも笑っているうちは、まだまだだね。」
って笑って言われました。

やっぱりね・・・そうなのね。

NSTでのちびたは、元気でした。結局陣痛の間も胎動は感じられました。私の場合ですけれど。
それに、私のお腹は臨月までそれほど大きくなりませんでした。
男の子でしたので、前に突き出た感じではあったけれど、実家の近所のおばさまには私の妊娠気付かれませんでしたし(笑)
お腹の大きさで悩んでいた時期が懐かしい。でもそれもいい経験。

あれよあれよという間に午後2時。
陣痛はそれほど・・・。もう2時間で先生が言っていた、4時になる。
もうすぐ会える?こんな痛みなら耐えられる!
変な自信が芽生えました。まぁ、すぐに打ち砕かれますけれど。

3時になり、ちょっとお腹の痛みに変化。感覚は5分をきりません。
でもちょっと痛いかも。あれれやっぱり痛いかも?

NSTでは旦那とおしゃべりの余裕あったけど、それがなくなった。
背中のどこをさすってもらっても全然効き目なし。
陣痛の間隔は5分だけれど、痛みはすごくなってきました。

痛みで右手が震える。痛すぎてイライラして、母や旦那に当たる。
こんなに痛いのに、看護師さんがまだまだって言う。

NSTの時間が苦痛で身をよじる。
震えが止まらない。

そして、5時婦長さんの内診。
内診ではなんとまだ子宮口3.5cm。どういうことよ?
婦長さんの触診により、4.5cmまで開いてもらう。これまた痛かった。
ちびたの頭の降り方は、ばっちり。これはヨガのおかげだと思う。
骨盤にぴったりのちびたの頭。ちびたありがとうね。

それにしても痛い、痛い痛い

痛くてたまらない。
誰の声も聞こえない。早くいきみたくてしょうがない!もう歩けない。
どうして歩けっていうの?
どうしてまだ始らないの?もう耐えられない。
6時になり、看護師さんはご飯を食べろなんていうの。
無理無理無理。

ご飯を食べないと生まれないよ。と言われる。泣きながら一口食べて
陣痛で身をよじる。

午後7時になり、院長先生の内診。1階の診察室まで歩けと言われる。

震える私を旦那と母が支えると、看護師さんが、
「あなたは一人であるけるはず。まだ痛くない。歩く歩く!」
と厳しく言われる。

(このやろ~、覚えておけ)
私は真剣に腹が立っていた。

でも?この看護士さんすっごくよい人でね、その後仲良くなって
感謝感謝の恩人なんです。
でもその時は恨んでましたね。厳しい人でした。そして美人でした。

院長先生の内診で子宮口7.5cm。もう少しだといわれる。
もう少しが耐えられなく、がっくりしてしまう。

看護師さんが言っているのが聞こえる。
「○○さんは、旦那さんとお母さんの顔をみると甘えがでちゃうから
お母さんとお父さんには夜ごはんを食べに外にいってもらいましょう。
付き添いは旦那さんだけね」

このやろ~

また恨み倍増(笑)これも愛のむちだったみたいです。

さてさて、今回はここまでです。

子宮口7.5cmからが・・・さてさてちびたにはいつ会えるのでしょう?
テーマ:育児日記 - ジャンル:育児
出産レポの前に・・・
今育児で不安に思っていること、心配なことを書いておこうと思いました。将来の記録、まだまだ考えられないけど二人目の育児の時のために・・。

①なかなかげっぷをしてくれない。←これは縦に抱っこしてしばらくしていて、ちびたが寝てしまったからといって、げっぷをさせないでおむつ替えなどしていると、だらっと、ミルクを垂らします。
なかなか難しい。なんといってもすぐに寝てしまうのです・・・


②たまに「おえっ」っと吐きそうになって、見ていて可哀相になってしまうことがある。←これはたまに・・なんだけど、吐き気があるのか、気持ち悪いのか・・。でもちびたはいたって機嫌が良いのがまた不思議なんです。胸やけ?しているなら、ミルクも母乳も受け付けないはずだから、その点心配しすぎてもなんなんだけど・・・。

③母乳の出が芳しくない?朝から昼までは、結構おっぱいの張りもいいのだけど、夕方、夜中はふにゃふにゃ・・・
1週間検診の時に助産師さんにマッサージをしてもらった際、実は良いおっぱいだと褒められたの。入院中は私もちびたもへたくそで、直乳がぜんぜんできずに、私は泣いていたので、ほめられた時は、まさか!って嬉しかったんだけど・・・
これは今度市の助産師さんが我が家に来てくれる時に、一番に相談しなくては・・・。
今は母乳とミルクの混合栄養で頑張ってます。周りは母乳のみのママが多くて、本当は悲しいのだけど、ちびたと私のスタイルは混合で頑張るつもりです。

④おしゃぶりの是非・・・
実は、ちびたが泣いてどうしようもないとき、私たち夫婦はおしゃぶりに頼ってしまっています。若干1ヵ月半のちびたに加えさせることは、実家の両親義理の両親もいい顔をしていません。
おしゃぶりを買うときも相当悩みました。歯の生え方に影響がでやしないか・・あごの発達は?とか。
両親たちは、見た目が悪いといいます。確かに泣いて何かを訴えたいのに、おしゃぶりでごまかすのは良くないのかもしれない。

実は今でも迷っています。それでも、おしゃぶりを一心不乱にちゅぱちゅぱしながら、眠りについてくれるちびたを見ていると、泣き叫んでいるときよりいいのではないか?と私と旦那は考えています。
それ以外は与えず、なるだけ話しかけ、コミュニケーションはとっています。

⑤これは私の問題なんだけれど、たま~に、ちびたと二人きりになるのが怖く感じてしまうことがあります。他の誰かがいると安心できるんですが、仕事をしている義理両親、旦那が出かけている時など、泣きやまない真っ赤な顔のちびたを抱きかかえていると、誰かに助けを求めたくなり、泣かれるのに恐怖を感じてしまうのです。
かといって、誰かにお世話を頼むと、心配ですぐに様子を見に行ってしまって結局自分の時間をもてなくて・・・

あ~あって感じです。


おっとちびたが呼んでいます。
また続きを書きます。
ただ育児は喜びや幸せもそれ以上あるんです。

息子の笑顔は世界で一番の私の宝物なのです。
テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。